常勝無敗!ナンピンマーチンEAの罠とは?騙されない為の知識を添えて。

  • 2021年5月29日
  • 2021年6月12日
  • 未分類

こんにちは、しおりです。

今回はいつも記事で触れている『ナンピン・マーチン』について触れていきます。

世の中のEAの9割がナンピンマーチン型と言われていますが、それには理由があります。

その理由として挙げられるのが、『絶対に勝てる』手法とされています。

ただし、資金がある続く限りですが。

ナンピンマーチンとは?

ナンピンとは

ナンピンとは、株式投資や為替取引などの一つでポジション取得後に損失がでる方向へ相場が動いた時に、新たにポジションを保有することで平均取得コストを下げる行為のことです。

平均取得コストが下がれば、ナンピンする前よりも少ない戻りで利益確定をすることができます。

ナン(難=損)を(平)均することから、難平(ナンピン)といいます。

例えば、ドル円を120円で買った後に118円まで価格が下落したとします。
このポジション(ドル円120円買い)がプラスになるには、ドル円が120円まで上昇しなければなりません。
しかし、118円で同じだけのドル買いを行えば平均価格が119円となり、119円まで戻れば損益はプラスマイナスゼロとなります。

平均取得価格を低くすることで、その後の上げ幅があまりなくても利益が出やすくなります。

引用:難平(ナンピン)とは|FX初心者|みんかぶFX

マーチンゲールとは

マーチンゲール法は、18世紀にフランスで編み出された、ギャンブルにおいて使われる戦略になります。

負けたら、次の勝負で負けた分の倍額を賭け、また負けたら更に倍額で賭けていく手法です。

このマーチンゲル法の特徴としては、「負けても次勝てば必ず取り返せる」ところになります。

引用:【FX】マーチンゲールの恐怖!初心者を破産に追い込む罠とは!? | オーリーch公式ブログ

この2つを組み合わせてのるが『ナンピンマーチン』となります。

一般的にハイリスク・ハイリターンとされている手法です。

ですが、投資やギャンブルの世界では必勝法と言われているほどの手法で、うまくつかえば勝ち続けることが可能になります。

ナンピンマーチンEAの特徴

無限ナンピンマーチン

いわゆる、損切りを一切しないということです。

最大ポジションは設けているモノもありますが、損切なし=トレンド転換を待つことになりますので、もはや神頼みですね。

ナンピンマーチンは、相場が反転すれば必ず勝てる仕組みになっています。それ故に、損切りが存在せずに資金ショートするまでナンピンマーチンを繰り返すシステムが多く存在します。

高月利をアピール

月利20%以上!!

月利50%以上!!!

月利100%以上!!!!!

なんて見たことありませんか?

こういった高月利の99%はナンピンマーチン型です。

高月利は派手でアピールしやすいですからね、ただその情報だけを信じてはいけません。

短期でギャンブル的に稼ぎたいのであれば構わないと思いますが。

バックテストとが無い(短い)

ナンピンマーチンは破綻リスクが異様に高いです。

なので、バックテストも公開していないor短いところが多いです。

『直近3年間のバックテストが信頼度が一番ある』

『バックテストは信頼できないから取っていない』

ナドナド、いろんな言い訳を聞きました。笑

過去を乗り切れないシステムが現在通用するとは思えません。

最低でも3年以上のバックテストがあることや、バックテストの精度も大事になってきます。

フォワードテスト公開しない

フォワードテストを公開している業者自体が、あまり多くないですが、ナンピンマーチンEAに絞ると本当に少ないです。

ナンピンマーチンの特性上、破綻する確率は高いです。

日々蓄えた利益も一瞬で溶かしてしまう事があるので、フォワードテストを公開しないところは多く存在します。

MT4取引利益だけを見せているところは要注意です。

残高・含み損を隠して利益だけを見せるなんて簡単ですからね。

メリット

一番大きいメリットとしては、勝率の高さです。

ナンピンマーチン系EAの大半は損益がプラスになるまで持ちつづけますので、レンジ相場では猛威を奮います。

資金があれば絶対に勝てる手法となっている点も人気な点もあります。

なので噛み合った時は高月利を叩き出しますが、デメリットも存在します。

デメリット

前提として、勝つまでポジションを保有するので含み損は常に抱える状態になります。

トレンド相場になると、その期間も長くなり精神的にもキツくなってきます。

取引画像などの数ヶ月だけを見て『稼げるEAだ!』と錯覚して利用したはいいものの、資金ショートに陥ってしまうんです。

なので、『ナンピンマーチン=悪』というイメージが蔓延っているのも事実です。

ハイリスクハイリターンな事やシステムの性能を理解してEAを使えれば、上手く利益を上げることができるので、まずは騙されない為の知識を共有します。

騙されない為には?

何円(pips)の値動きに耐えれるのかを運営に聞くor自分で計算しましょう。

悪徳業者は1.5-2円ほどでロスカットされる様なシステムばかりです。

相場の7割はレンジ相場と言われていますが、1,5-2円のトレンドなんてザラにありますからね。

一番大事なのは絶対にデータ見ることをお勧めします。

バックテスト・フォワードテストを理由をつけて見せない業者は怪しいと思った方がいいです。

”バックテスト3年以上”

”フォワードテスト公開(MT4かmyfxbook)”

これらを満たしているところが最低条件となります。

フォワードテスト注意点

公開されているフォワードテストにも、ちょっとした注意点があります。

残高とロットの比例が合っているかどうかです。

0.01ロットを10万円と100万円で稼働させると、リスクが全然違いますよね。

中には推奨ではない値でフォワードテストを回していたり、初期の頃だけロットを10倍とかにして稼いでる風に見せている悪徳業者もいます。

私のまとめてきた業者の中で、実際にいたので注意喚起しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は常勝無敗を誇るナンピンマーチンについてでした。

上手く取り扱えば高月利で稼げますが、一歩間違えれば資金ショートするので注意が必要ですね。

また、ナンピンマーチン系の業者は悪徳業者が多いですので騙されないようにしましょう、内容被りもありますがEA選びの際はこちらをご覧ください。

関連記事

しおりです!! 今回はいつもと違って、FX自動売買における詐欺。 とまでは言いませんが、悪質な募集を行って利益を得ている業者が多く見られます。 EAを数個渡り歩いた方は心当たりがあるかも知れません。 また、どの様なE[…]

信頼できるナンピンマーチン

全てのナンピンマーチンが悪いわけではありません。

実際に私もナンピンマーチン型・非ナンピンマーチン型の2つを利用していますが、使うシステムによっては安定して利益を出すことができます。

ナンピンマーチン型ですが、1ヶ月10%も行かない、安全志向なので気に入っています。

勿論、バックテストとフォワードテスト公開もされています。

上記の画像は、私の取引結果なので参考までにしてください。

運営が公開しているフォワードテストはラインより見ることが可能です。

私が使っているEAではバックテストやフォワードテストが充実していますし、対応も安心できているので、よほどいいEAが来ない限りは参入しないかなと思います。

関連記事

しおりです! 今回は私が1年以上使っているボストンEAさんについてです! 厳密には早いもので1年3ヶ月ほど運用させてもらってます。 やはりこういったEAには詐欺疑惑が浮上します。 なにをもって詐欺かは分かりませんが、[…]

最新情報をチェックしよう!