【FX自動売買】アークマルチプレミアムは詐欺で稼げない?評判まとめてみた

  • 2021年5月28日
  • 2021年6月20日
  • 有料EA

こんにちは、しおりです。

今回は多通貨対応している有料自動売買システム(1か月無料)の『アークマルチプレミアム(Arc Maluti Premium)』についてす。

ざっと公式サイトを見てみましたが、結構期待できそうな雰囲気ですので楽しみです。

それではまとめていきます。

引用:公式サイト

アークマルチシステムとは?

概要

1ヶ月限定の無料版が存在する、有料FX自動売買ツールです。

1人1回のみ無料版を1ヶ月使用できる権利があり、それ以降は購入となっています。

最大20通貨ペアを組み合わせて運用していくことによって、リスクを極限まで抑え、高い利回りを期待できるシステムとなっています。

通貨ペアのセットは以下の通りです。

通貨セットA : AUDNZD, CHFJPY, EURCAD, EURGBP, EURUSD, GBPUSD, USDJPY 計7通貨ペア
通貨セットB : AUDJPY, AUDUSD, EURCHF, EURJPY, NZDJPY, NZDUSD, USDCHF 計7通貨ペア
通貨セットC : AUDCAD, CADCHF, EURNZD, GBPCHF, GBPJPY, USDCAD 計6通貨ペア
フルセット   : A+B+C 合計20通貨ペア

特徴

指定証券会社は『Titan-FX』

最大通貨ペアは20で、組み合わせは自由です。

基本ロジックはナンピンマーチン型ですが、リスクヘッジのためにあらゆる機能が導入されています。

最低証拠金は130万円と高額で、初心者が導入するには敷居が高く感じると思います。

1セット(最大7通貨ペア)稼働の場合 130万円
2セット(最大14通貨ペア)稼働の場合 260万円
3セット(最大20通貨ペア)稼働の場合 300万円

最大1500万円まで運用することが可能です。

また、最大の特徴といたしましては、通常の自動売買プログラムの場合は、刻々と変わり続ける市場環境に、自動売買プログラム自体が対応できなくなった場合は、自動売買プログラムの利用を諦めるか、または、新しい自動売買プログラムを購入しなおす必要がありましたが、アークマルチプレミアムでは、各通貨ペア毎に、相場状況を常に分析し、エントリーアルゴリズムを始め、ナンピン幅、ナンピン回数、ナンピン時のロットの上がり方、トレール方法から利確タイミングまでを個別に算出、相場の変化にあわせ、必要に応じて自動調整されるようになっており、EAを差し替えることなく、常に最適化されるように進化しております。

また、ナンピンマーチン採用の自動売買プログラムでは実装が難しいとされている損切り機能についても、実装も実現しており、万が一のケースとして、想定を超える相場変動があった場合においても、大切な資産が一気に溶けることがなく、より安全性の高い、それでいて、高利回りの自動売買プログラムを実現しております。

機能一覧

独自機能と言っているものがかなりの量があったので、簡単に分類分けしてまとめます。

詳細知りたい方はこちらの記事の下部をご覧ください。

トレール(利益追従)機能・両建て機能

両建てしながらナンピン・利益追従を行うことにっよて、利益を積み上げやすくなります。

資金管理機能

資金が増えるとロットも自動的に調整されます。

簡単に言えば『複利運用』です。

相場急変時のナンピンリスクコントロール機能

急激な相場変動が発生した場合に、大量にナンピンが走らないようにコントロールします

損切機能・リスクヘッジの損切機能(トレンド転換)

指定している値orトレンド転換など、急激に相場変動した際に損切してくれます。

重要経済指標発表時・週末・年末年始のエントリーコントロール機能

FXにおける危険な時間帯や指標時には新規エントリーをしません。

pips Closer・Forced Closer

上記機能に連動して、危険な時間帯や指標時前にはポジションを強制決済します。

各種データ

バックテスト

多通貨なだけあり、バックテストも大量にありました。

なので、一番良い結果と悪い結果を抜粋して共有します。

共通点
2020年5月から2021年4月までの『1年間』

初期証拠金300万円開始で『0.01』ロットスタート固定です。

1分足(モデリング品質25%)

まずは一番良い結果から。

綺麗な右肩上がりを形成しています。

機能一覧にあった、損切機能等はほとんど作動せずに順調に推移したんですね!

続きまして、一番悪い結果です。

損切機能が動作して50万ほどへこんでいます。

通貨の組み合わせによってリスクを減らすということなので、不調な通貨があるのは仕方無いかなと思います。

運営さん曰く、リアルタイムでは動作するはずの安全機能が動かないので、実口座の結果とは大きく異なると言ってる点は好印象ですね。

バックテストの量は対応通貨のほとんどを網羅していますが、気になる点も存在しました。

全てのバックテストはこちら

フォワードテスト

公式サイトには各種類の『myfxbook』を公開されていました。

2021年4月26日から開始されていて、かなり順調に推移しているみたいですね!

提供している全てを閲覧することができます。

毎日結果更新をされているのでリアルタイムで確認することも可能です。

気になる点

バックテスト

期間が【1年】と短すぎるので、最低3年以上の結果は欲しいものです。

各通貨300万円に対して『0.01』ロットスタート固定であれば、プラスに推移するのは当然だと思ってしまいました。

また、1分足なので仕方ありませんが、バックテストの精度を表すモデリング品質が25%となっている点も気になりました。

フォワードテスト

リアルユーザー様と運営が公開している『myfxbook』の期間と結果が違うことです。

リアルユーザー様が強制ロスカットを喰らったあたりで、運営の口座がスタートしている様に見受けられます。

多少は被っていますが、明らかに結果が違いますね。

勿論、始めるタイミングによってEAの結果が変わることは知っていますが、あまりにも乖離しているので気になってしまいました。

評判

販売したてなのか、特に口コミ等は出てきませんでした。

また何かあれば追記します。

まとめ

如何でしたでしょうか?

これだけしっかりしているので詐欺ではないと思います。

多通貨対応している有料自動売買システム(1か月無料)の『アークマルチプレミアム(Arc Maluti Premium)』についてす。

20通貨ペア対応しているEAとなっていて、安全性もかなり考慮されている印象でした。

巷にある無謀ナンピンマーチン型と比べると、かなり良いと思います。

また、公式サイトにはかなり詳細に機能やバックテスト・フォワードテスト(myfxbook)を公開されており、好印象でした!!

しかし、初期証拠金やEA代がかなり高額なので初心者の導入は厳しいかもしれませんが、システムとしては有用だと思います。

もし気になる方がいれば下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

実績は公開されており、公式サイトにて確認可能です!

世の中、詐欺まがいなシステムが沢山あります。

その見分け方について書いているので、EA選びの際はぜひ!

関連記事

しおりです!! 今回はいつもと違って、FX自動売買における詐欺。 とまでは言いませんが、悪質な募集を行って利益を得ている業者が多く見られます。 EAを数個渡り歩いた方は心当たりがあるかも知れません。 また、どの様なE[…]

信頼できるEAとは?

忙しい人の為に簡潔にまとめます。

結局どういうEAがいいのか?気になりますよね。

  • 長期バックテスト(5年以上)
  • MT4閲覧用口座公開 
  • myfxbook公開

MT4とmyfxbookは何方か一つで大丈夫です。他にも細かい判断基準はりますが、これらが一番大事です。

何方か片方だけでもダメです、稀にバックテストは信用出来ないから取っていないと言ってる方もいますが、『過去を乗り越えれなかったシステムが現在通用しますか?』と問いたいですね。

現在使用EAは3つ程抱えていますが、その中で2年弱運用させて貰っている『ボストンEA』に、なんだかんだ落ち着いています。

非ナンピンやナンピン型など、幅広く取り扱っていますが、無料で最低証拠金も低くかなり敷居が低いです。

90万円弱スタート、4月-6月中旬で16万5千ほど。

月利としては5-10%で落ち着いていますが、かなり安定して運用出来ています。

バックテストも5年以上あり、フォワードも公開されています。

しかも次のEAは、バックテスト21年で稼ぎ続けたという破格の性能を持っているみたいです。

現在は試験中とのことですが、かなり楽しみです!

最新情報をチェックしよう!