【コピトレ】MAMの『Zeus(ゼウス)』は詐欺で稼げない?評判まとめ

  • 2021年9月1日
  • 2021年10月7日
  • MAM

こんにちは、しおりです。

リスクが少ない賢い投資を謳っている『Zeus』についてです。

プロに運用を任せることで月利5%~19%稼ぐことは出来るのでしょうか?

実績やデータをもとに検証していきます。

Zeusとは?

概要

FXのMAM(コピトレ)案件です。

MAMなのでスマホで完結して運用することが可能で、元となるEAをプロトレーダー2名体制にて監視しているとのことです。

開発者は『今岡純一』さんで、数々のメディア出演歴があり、不動産投資などでもお名前を聞いたことがある方がいるかもしれませんね。

最低証拠金10万円から始めることができ、ロット調整などは運営がしてくれるはずです。

特徴

エントリーに関することはあまり触れていませんでしたが、基本ロジックはナンピンマーチン型です。

最大50ポジションまでエントリーするのでエントリー量は多くなっています。

関連記事

こんにちは、しおりです。 今回はいつも記事で触れている『ナンピン・マーチン』について触れていきます。 世の中のEAの9割がナンピンマーチン型と言われていますが、それには理由があります。 その理由として挙げられるのが、『絶対[…]

指定証券会社は『Rev trading』という最近できたばかりの証券会社とのことです。

証券会社の最大レバレッジは200倍となりますが、Zeusは1倍〜5倍。最大でも20倍ぐらいのレバレッジ運用になるとのことです。

推奨通貨はEURJPYの5分足のみとなっており、他通貨での運用はしていないみたいですね。

出金は月2回行えるみたいなので、その点は安心して利用する事が出来そうです。

バックテスト

検証期間は2010年~2021年の11年間ですので期間は十分です。

証拠金5000万ドル開始で4500万ドルの利益がでているみたいですね。

スプレッドは変動となっているので正確な数値は分からない状態です。

このバックテストは一見優秀なグラフ形成をしていますが、気になる点が存在するので触れていきます。

初期証拠金とロット

運営が推奨しているロット比率は『30万円:0.01ロット』設定となっています。

この画像を見るとロットが『0.03』ロットとなっており、従来通りの設定にするのであれば『100万円(1万ドル)』が妥当です。

ですが、実際の数値は『5000万ドル:0.03ロット』となっていて推奨数値からかけ離れています。

複利運用を実施している可能性があるかもしれませんが、特に記載もありませんし、複利にしても比率が可笑しいですね。

最大ドローダウン

最大ドローダウンとは期間中の含み損値を表しています。

この数値は低ければ低いほど良いです。

ですがZeusの含み損は『4000万円(78%)』となっていることから実際の運用では破綻してしまう可能性が高いことが分かります。

ロットが『0.03』から開始していて4000万円の含み損を抱えるのはかなり危険なシステムですね。

本案件はMAMなのでプロトレーダーの投資判断が介入するにしても、この含み損をどうにかできるかは怪しいものです。

フォワードテスト

2019年9月17日〜2021年6月17日
100万円スタートの口座(30万円0.01ロット設定)⇨840万円

此方は動画付きで公式ページに記載してありましたので興味のある方は拝見してみてください。

運営の出している月利5%~20%を軽く超えています。

此方は取引結果のみと載せており、『取引結果』を見せておりませんので、現在膨大な含み損を抱えている可能性もあります。

最大ポジション数が50なので毎回含み損を抱える前提なのは分かりますが、それを見れないのはとても残念です。

動画だけの情報では詳細が知る事は出来ないのでmyfxbook等を見てみたいですね。

それであればデモ口座orリアル口座を判断することもできますし、その他重要情報を閲覧することが出来ます。

気になる点

バックテストやフォワードでストの気になる点は少しだけ触れてきましたが、ここではZeus MAMに関する気になる点を書いていきます。

『Zeus』を疑いたい訳では無く、ただあくまで注意喚起です。

Rev tradingの信頼性

ここの証券会社の信頼度がないという話ではなく、一般的な話をします。

新興で知名度の低い証券会社は詐欺や詐欺まがいな行為を行うところが多いです。

Rev Traadingに関しては、そういった情報は出ていないので大丈夫かもしれませんので一応注意していたほうが良いです。

出金出来ない可能性

MAMは運営陣に資金を預けますが、運営が勝手に出金することがは出来ません。

ですがMAM界隈では理由をつけて『出金拒否』をしてくる業者が多発しています。

Zeusでは月に2回取引が止まるタイミングがあるので、そのタイミングで出金が出来るとの記載がありますので問題はないかもしれません。

ただこの文章だけでは詳細が分からないため、始める前に問い合わせたほうがいいかもしれませんね。

よく聞く話では最初『ポジション保有時』は出金出来ないと言われ、その後あの手この手で出金拒否してきます。

Zeusでは、そういったことが無い様に願いますが注意するに越したことはありませんのでご参考までに。

評判

公式ページでは投資額2億円突破と記載していたので、かなりの利用者がいるのかなと思いました。

ですが、ライン友達数も200人弱でSNSなどでも話題にあがっていませんでしたので不思議ですね。

またリアルな声がありましたら追記します。

 

※公式ページの感想などは除外しています。

まとめ

如何でしたでしょうか?

リスクが少ない賢い投資を謳っている『Zeus』についてでした。

最大ポジション数が50なので含み損を抱えるナンピンマーチン型とのことですが、プロトレーダーの介入があるので利益を上げる事が出来るかもしれませんね。

バックテストは期間は良かったのですが他に設定は気になるところが多く、フォワードテストは利益を上げていたので閲覧する事が出来れば完璧ですね。

今後はフォワード口座の『myfxbook』投入を期待しておきます。

ハイリスクハイリターンなので、長期ではなく短期的に運用する場合でしたら良いのかもしれませんね。

 

世の中、詐欺まがいなシステムが沢山あります。

その見分け方について書いているので、EA選びの際はぜひ!

関連記事

しおりです!! 今回はいつもと違って、FX自動売買における詐欺。 とまでは言いませんが、悪質な募集を行って利益を得ている業者が多く見られます。 EAを数個渡り歩いた方は心当たりがあるかも知れません。 また、どの様なE[…]

信頼できるEAとは?

忙しい人の為に簡潔にまとめます。

結局どういうEAがいいのか?気になりますよね。

  • 長期バックテスト(5年以上)
  • MT4閲覧用口座公開 
  • myfxbook公開

MT4とmyfxbookは何方か一つで大丈夫です。他にも細かい判断基準はりますが、これらが一番大事です。

何方か片方だけでもダメです、稀にバックテストは信用出来ないから取っていないと言ってる方もいますが、『過去を乗り越えれなかったシステムが現在通用しますか?』と問いたいですね。

現在使用EAは3つ程抱えていますが、その中で2年弱運用させて貰っている『ボストンEA』に、なんだかんだ落ち着いています。

非ナンピンやナンピン型など、幅広く取り扱っていますが、無料で最低証拠金も低くかなり敷居が低いです。

90万円弱スタート、4月-9月で26万6千ほど。

月利としては5-10%で落ち着いていますが、かなり安定して運用出来ています。

フォワードテストで1年間利益を出し続けているシステムが存在していて、myfxbookも公開されています。

関連記事

こんにちは、しおりです。 今回は8月リリースされたボストンEAが提供しているNeoの新型をまとめていきます。 まずはボストンEAとは何かという事から触れていきたいと思います。 引用:公式ライン・概要・バックテスト・myfx[…]

最新情報をチェックしよう!