【ワンダーランド】ストームMAMは詐欺で稼げない?強制ロスカットでサービス終了は本当?

  • 2021年5月6日
  • 2021年6月20日
  • MAM

こんにちは、しおりです。

今回は『ストーム』というコピートレードについてす。

FXによる資産形成をMAM(コピートレード)で行っていこう!というものになります。

 

今回は『ストーム』で強制ロスカットが頻発しているとの噂がありました。

また、証券会社は『ワンダーランド』を指定していました。

詐欺の可能性を考慮しつつ、まとめていきたいと思います!

ワンダーランドとは?

正式名称はワンダーランド(Wonder Land)という名前です。

公式HP:https://wl-fx.com/ja/

 

WHOIS検索によると、『2020年6月』に発足した証券会社で、知名度・信頼度は低いかなと思います。

レバレッジは999倍で取引コストが低いことがウリみたいですね。

ボーナスも整っていて、かなりの金額を還元していたみたいです。

そんなワンダーランドを使用したコピートレード『ストーム』に問題がありました。

 

問題に触れる前に、『ストーム』について軽くまとめていきたいと思います。

ストームとは?

ストームは『MAM』というスタイルを導入しているFX案件となります。

MAMは英語で、(Multi Account Manager)といいます。

プロトレーダーが取引を代行し、取引手法や保有ポジションなど、トレードの過程まで全て知る事ができる仕組みです

関連記事

こんにちは、しおりです。 最近まとめていく中で、『MAM(マム)』や『PAMM(パム)』という形態のFX資産運用が多く存在します。 いつもの記事では簡単な内容しか触れませんが、ここでは徹底的に解説・検証していきます。 MA[…]

ツール代は無料ですが、月額5000円のシステム利用料が掛かるそうです

2018年10月からサービス開始していて、専業トレーダーが常に監視していたみたいですね。

ロジックはナンピン型でマーチンを行うかは不明です。

最低運用資金は50万円とたかく、1年半で資金が7倍となっていたシステムとなります。

4000名以上の参加者が存在しているとのことです。

最大の特徴はボーナス150%キャンペーンが月2回行わる、還元率の高さです。

入金するたびに、ボーナスが増えるスタイルは良いですよね。

ストーム強制ロスカット?!

結論から言うと、『2回の強制ロスカットによりサービス終了』しました。

1度目;2020年9月21~22日

値動きがそこまで激しいものではありませんので不思議です。

 

2度目:2021年3月8日

どの通貨もトレンド気味だったので耐えれなかったのかもしれませんね。

 

ナンピンのEAは、トレンドが発生すると一方方向に反対ポジションを何段も取るため、トレンドが続くと含み損が膨れていきます。

MAMはトレード履歴を確認することは可能ですが、自分で操作することができません。

EAであれば、自分で稼働を止めると即反映する事ができます。

MAMに関しては業者拒否されたり連絡が取れなかったりと即時反映が出来ません。

酷い所では『出金拒否』が行われるのでMAM使用の際は注意したほうがいいです!

オープンチャット削除

1度目の強制ロスカット直後に、ストームが運営したオープンチャットが削除されていたみたいです。

2度目の強制ロスカットの末、『サービス終了』となりました。

今回の参加者が本当に4000人を超えていると被害総額は数億円に上ります。

 

投資は自己責任というのは当たり前ですが、専業トレーダー様が管理しているコピートレードで1年に1回強制ロスカットしてしまうのはシステムとして破綻してしまっているのではないでしょうか?

MAMを利用される方は、その人の人となりや3年以上の実績を確認出来るとやってみるのはありかなと思います。

訳の分からない人がおススメするMAMは絶対にやめましょう!

まとめ

如何でしたでしょうか?

ワンダーランドにて行う『ストーム』コピートレードでした。

 

今回の案件では、わざと強制ロスカットにさせているという噂もありますが真偽は分かりません。

今もワンダーランドは営業していますし、ワンダーランドとストームが結託して資金を回収したというのは早計かなと思います。

MAM・PAMM・EA。様々なシステムがありますが、騙されないための知識が必然となります。

 

のシステムにでも言える事ですが、取引履歴だけを見せる所は要注意です。

しっかりと自分の目で確かめれる事が何よりも重要です。(myfxbook等)

 

世の中、詐欺まがいなシステムが沢山あります。

その見分け方について書いているので、EA選びの際はぜひ!

関連記事

しおりです!! 今回はいつもと違って、FX自動売買における詐欺。 とまでは言いませんが、悪質な募集を行って利益を得ている業者が多く見られます。 EAを数個渡り歩いた方は心当たりがあるかも知れません。 また、どの様なE[…]

信頼できるEAとは?

忙しい人の為に簡潔にまとめます。

結局どういうEAがいいのか?気になりますよね。

  • 長期バックテスト(5年以上)
  • MT4閲覧用口座公開 
  • myfxbook公開

MT4とmyfxbookは何方か一つで大丈夫です。他にも細かい判断基準はりますが、これらが一番大事です。

何方か片方だけでもダメです、稀にバックテストは信用出来ないから取っていないと言ってる方もいますが、『過去を乗り越えれなかったシステムが現在通用しますか?』と問いたいですね。

現在使用EAは3つ程抱えていますが、その中で2年弱運用させて貰っている『ボストンEA』に、なんだかんだ落ち着いています。

非ナンピンやナンピン型など、幅広く取り扱っていますが、無料で最低証拠金も低くかなり敷居が低いです。

90万円弱スタート、4月-6月中旬で16万5千ほど。

月利としては5-10%で落ち着いていますが、かなり安定して運用出来ています。

バックテストも5年以上あり、フォワードも公開されています。

しかも次のEAは、バックテスト21年で稼ぎ続けたという破格の性能を持っているみたいです。

現在は試験中とのことですが、かなり楽しみです!

 

最新情報をチェックしよう!