【FX自動売買】ボストンEA『ver4』は詐欺で稼げない?実績まとめ

  • 2021年8月28日
  • 2021年10月7日
  • 無料EA

こんにちは、しおりです。

今回は2年弱運用しているボストンEAについて書いていきます。

今回配布されることになった最新型『ver4』の実績などを包み隠さず載せていきます。

バックテストやフォワードテストは当たり前の様にありますが、今回ではmyfxbookなども登場していることから期待度はより大きなものになっています。

引用:公式ライン概要myfxbookバックテスト

ボストンEAとは?

概要

無料のFX自動売買でを扱うEA業者です。

関連記事

しおりです! 今回は私が1年以上使っているボストンEAさんについてです! 厳密には早いもので1年3ヶ月ほど運用させてもらってます。 やはりこういったEAには詐欺疑惑が浮上します。 なにをもって詐欺かは分かりませんが、[…]

私自身2年近く運用していますが、特に不満なく安定して稼いでくれています。

利用者は2700人を超えていて、かなり人気・知名度のあるEAですね。(2021年8月現在)

バックテストやフォワードテストの公開は勿論行なっており、配布中EAの情報を出してくれています。

また、疑問点などを問い合わせると結構なスピード感で帰ってくる点なども人気の理由の一つかもしれませんね。

そんなボストンEAですが、最新型の『ver4』がリリースされましたので此方を重点的にまとめていきます。

他システム

最近リリースされた『Neo EURJPY1.2』はフォワード実績1年間近く積み上げています。

此方はナンピンマーチン型ですが約1年間で最大DD13%前後と、かなり優秀な部類に入っています。

今のボストンEAの筆頭といっても差し支えないかと思いますね。

上にある収益のほとんどがこのシステムであり、ナンピンマーチン型なのに損切を細かく入れてくれるので大量の含み損を抱えずに済みます。

関連記事

こんにちは、しおりです。 今回は8月リリースされたボストンEAが提供しているNeoの新型をまとめていきます。 まずはボストンEAとは何かという事から触れていきたいと思います。 引用:公式ライン・概要・バックテスト・myfx[…]

そんなボストンEAが出す非ナンピンマーチン型EAはどのようなEAなのかをまとめていきます。

『ver4』とは?

概要

無料のFX自動売買で、前作ver3の後継となるシステムです。

ボストンEA2周年を記念して最新リリースとなっています。

verシリーズが非ナンピン・マーチン型/Neoシリーズがナンピン・マーチン型となっています。

指定証券会社はXMとなっていますが、今後増えるかもしれないとのことです。

勿論、料金は無料となっており最低証拠金は2万円からと敷居は低いですね。

特徴

基本ロジックは非ナンピン・マーチンを採用しています。

推奨通貨はUSD/JPY・GBP/USD・AUD/USD・GBP/CHF・USD/CHF・EUR/CHFの6種類となっています。

今までのシステムに比べ対応通貨が増えていますが、エントリー数はそこまで多くないとのことです。

過去検証において21年間(2000年〜2021年)利益を上げ続けてきたシステムとなっているとのことですので、早速拝見していきましょう。

バックテスト

対応通貨6種類(USD/JPY・GBP/USD・AUD/USD・GBP/CHF・USD/CHF・EUR/CHF)を全て統合したバックテストと各通貨ごとのバックテストが用意されています。

検証期間は2000年~2021年の21年間で超長いですし、グラフも右肩上がりなので着実に利益を積み上げていっていますね。

100万円開始で1747万円利益を上げており、最大ドローダウンは88万円(5.2%)と初期証拠金より低いことが分かります。

平均勝率は73%と普通ですが、これだけ綺麗に利益形成を出来ているのであれば問題ないでしょう。

データ形成する際に割と大事であるHistoryもFXDD等ではなく信頼度が高い『Alpari』を使用していることは好印象です。

やはり他EAに比べて解説もしっかりしていて何も隠さず公開していることが分かります。

フォワードテスト

ボストンEAと言えば公開口座を閲覧できることです。

最近ではフォワードテストを公開するEAも多くなってきましたが、ボストンEAが先駆者といっても過言ではないと思います。

myfxbookも導入されていて過去の推移が見やすくなっていますので今回は2つとも載せていきます。

MT4閲覧口座

MT4閲覧用口座はライン登録するとみるのに必要な情報を教えてくれます。

全取引を見ることは勿論、何時から稼働したとかも分かります。

ですがmyfxbookが出たことでフォワードテストの見れる範囲が広がりました。

myfxbook

基本情報

期間:6/21~

利益(Gain):14.47%(14.4万円)

ドローダウン(Drow down):3.81%(3.8万円)

平均月利(Monthly):6%

簡単な英語なので分かると思いますが、分からない場合はGoogle Chromeの自動翻訳がおススメです。

基礎的な内容はグラフ横の数字に記載されています。

利益やドローダウンなどの重要な数値は此方に記載されていて一目瞭然ですが、myfxbookの強みはこれだけではありません。

 

詳細情報

取得pips:306.9

Long勝率:64%

Short勝率:69%

Avg,Trade Length(ポジション平均時間):16h 35m

他に下部欄では『取得pips・プロフィットファクター・Long勝率・Short勝率・ポジション平均時間』など様々な項目が分かります。

勝率凡そ70%いかないくらいで、平均16時間で決済されていますし総取得pips306あるので十分な成績を残していると言えるでしょう。

トレーリングストップの影響か最大22pipsの利確があり、逆に最大損切は38pipsとかなり早めな決済を行っていることも分かります。

平均決済は利確・損切ともに7.3pipsほどで、ドローダウンを抱える心配も少なく安心して使えるシステですね。

この様にmyfxbookでは利益やドローダウンだけではないので、様々な観点からEAを判断することが可能になっています。

引用:myfxbook

評判

流石2年ほど運営しているだけあってファンみたいな人もかなりいる印象です。

ここでは実際にあるコミュニティの画像などを貼っています。

既に評価は高いですが、此方は前システム(Neo)の評価となっています。

これに最新型『ver4』が加わるとなると思うと凄いですね。

リアルな声は数週間後に追記として挙げていきたいと思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?

ボストンEAの最新型『ver4』でした。

非ナンピンマーチン型でありながら21年間ものバックテストで稼ぎ続けていますし、フォワードテストに関してもmyfxbookを公開するなど非の打ち所がありません。

それに正直過去21年間の実績を出しているEAは、私の見る限りではありません。

フォワード実施期間としては未だ2か月少しと短いですが、これから実績を積み重ねていくので問題ないでしょうね。

正直ここまでデータ・実績を公開していると事はあまり見ません。一切ないということはありませんが、本当に少ないです。

公式でも触れていましたが此方は短期ではなく長期的に運用する事を想定されているので日間・週間ではなく。月間・年間単位での収支をみるほうがよさそうです。

 

世の中、詐欺まがいなシステムが沢山あります。

その見分け方について書いているので、FX案件選びの際の参考になると嬉しいです。

関連記事

しおりです!! 今回はいつもと違って、FX自動売買における詐欺。 とまでは言いませんが、悪質な募集を行って利益を得ている業者が多く見られます。 EAを数個渡り歩いた方は心当たりがあるかも知れません。 また、どの様なE[…]

 

最新情報をチェックしよう!